« 巨大なドーナツ(2015年4月26日撮影) | トップページ

2015年9月11日 (金)

ひょっとして、キールアーチ?(2015年9月1日撮影)

Dscf5438

Dscf5456

Dscf5457

 

神奈川県平塚市にある「平塚漁港の食堂」へ魚料理を食べに行ったついでに相模川に面した平塚漁港付近から相模潮来の景色を楽しんでいると、相模川の対岸に大きな白いアーチを見つけました。ひょっとすると、新国立競技場の基本計画に関する国際デザイン・コンクールで一旦は選ばれた女性建築家、ザハ・ハディド氏が提案したキールアーチかもしれません。興味を持った私はそのアーチを確認するためさっそく対岸へ向かうことにしました。

 

県道129号と国道1号、そして県道46号(産業道路)を経由して、新湘南バイパス・茅ヶ崎海岸ICのすぐ先まで行きました。新湘南バイパスは藤沢ICと茅ヶ崎海岸を結ぶ有料道路で、国道1号のバイパスとしての機能を持っています。また、藤沢ICと茅ヶ崎JCTの間は圏央道(首都圏中央自動車連絡道)の一部になっています。将来は大磯まで延伸して西湘バイパスと接続する計画があるようで、延長される予定の本線用高架橋脚が古代ローマの遺跡のように並んでいました。しかし、ゴルフ場(湘南シーサイドカントリー倶楽部)から用地取得(代替地確保)がネックとなって、建設時期は未定のようです。(2番目の写真で左上と手前に見えるのは産業道路と接する上下線用ランプ)

 

ベストビュースポットを求めて茅ヶ崎海岸ICの少し北にある脇道へ入って小出川を渡りました、目指すアーチはその小出川に架かる橋「湘南ベルブリッジ」を支える梁(はり)の役割をする構造物でした。アーチの上部に取り付けられた4本のケーブルで橋桁(はしげた)が吊り下げられ、アーチの下部も橋桁と繋(つな)がっている不思議な構造(ニール・ローゼ橋の一種)です。

 

関連ブログ 湘南散策ドライブ(最終回) 「平塚漁港の食堂」と「須加漁港

« 巨大なドーナツ(2015年4月26日撮影) | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2176147/61547750

この記事へのトラックバック一覧です: ひょっとして、キールアーチ?(2015年9月1日撮影):

« 巨大なドーナツ(2015年4月26日撮影) | トップページ