« 自律走行する未来型生物「ストランドビースト」(2015年5月3日撮影) | トップページ | ひょっとして、キールアーチ?(2015年9月1日撮影) »

2015年7月29日 (水)

巨大なドーナツ(2015年4月26日撮影)

2015_04260079

2015_04260078_2

2015_04260077
 
 
黄金色のUFO(未確認飛行物体)が空中に浮遊していました。ドーナツの形をしたものは珍しく、通常は円盤型や皿型が多く、なかには球型や葉巻型、あるいはクラゲ型などもあるようです。一番有名なUFOはアダムスキー型と呼ばれるもので、推進装置と思われる球体を下部に備えた円い皿の上に操縦席などのスペースが載った形状です。
 
よく見ると、2本の太い柱にワイヤーで固定されています。UFOでないとすると、ドーナツ、あるいは2本のフランクフルト・ソーセージを折り曲げたにも見えますが・・・。
 
近くにある「エコー」(ヘ音記号)」と題した看板には次のように解説されていました。『この作品は「音楽都市墨田区にふさわしいアート作品」という狙いと「駅の循環の場であるロータリー」とを密接に関連させて、様々な音楽的モチーフを用いて構成されています。(中略)この作品の曲線を構成するヘ音記号の「対」の組み合わせは、協和音と不協和音、クレッシェンドとデクレッシェンド、といった音楽における「対」の考え方と通じるものです。(以下略)1997年 ローレンス・マドソンLoren Madsen 』  墨田区の関連サイト
 
 
関連ブログ 「亀戸天神の藤祭り(続編) うるおいの木かげ道路から北斎通りへ

« 自律走行する未来型生物「ストランドビースト」(2015年5月3日撮影) | トップページ | ひょっとして、キールアーチ?(2015年9月1日撮影) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2176147/61082502

この記事へのトラックバック一覧です: 巨大なドーナツ(2015年4月26日撮影):

« 自律走行する未来型生物「ストランドビースト」(2015年5月3日撮影) | トップページ | ひょっとして、キールアーチ?(2015年9月1日撮影) »